「be keen on」と「be keen to」の意味と使い方。その違いとは?

 

keen」は「鋭い」「熱心な」「(関心などが)強い」という意味の形容詞です。

 

しかし、これが「keen on」や「keen to」の形になると、少し意味が変わってきます。

 

 

「be keen on」の意味

 

be keen on ~」は

 

~が大好き

~に夢中だ

~に熱中している

~を熱望している

 

という意味です。

 

on の後ろには名詞動名詞が続きます。

 

意味的と使い方は、「be crazy about」とだいたい同じです。

 

また、 否定形の「be not keen on」は「好きではない」や「興味がない」になります。

 

その際、「very」「so」「too」を伴って、「あまり~ない」とも表します。

 

He is keen on baseball.

→彼は野球に熱中している。

 

I'm keen on her.

→私は彼女に夢中だ。

 

She is keen on going abroad.

→彼は外国に行くことを熱望している。

 

My father is keen on collecting old coins.

→父は古い硬貨を集めるのが大好きだ。

 

I'm not very keen on soccer.

→サッカーはあまり興味がない。

 

She's not too keen on reading.

→彼女はあまり読書が好きではない。

 

I'm crazy about you.

→私はあなたに夢中だ。

 

I'm crazy about this song.

→この歌大好き。

 

I'm not too crazy about watching sports.

→私はスポーツ観戦にはあまり興味がない。

 

「be keen to」の意味

 

be keen to do」は「~したい」や「~したがる」という意味です。

 

「want to」との違いは、 want to よりも強い欲望を表します。

 

I'm keen to learn English.

→英語を学びたい。

 

He is keen to explore a cave.

→彼は洞窟を探検したがっている。

 

She's keen to lose weight.

→彼女は痩せたがっている。

 

I'm keen to start work as soon as possible.

→できるだけ早く仕事を始めたい。

 

He's keen to see you.

→彼はあなたに会いたがっている。

 

My dog is not very keen to walk.

→私の飼い犬は散歩にあまり行きたがらない。