MENU

crave の意味と want との違い|「crave」の語源とは?

 

「crave」は「欲しい」という意味があります。

 

そこで、「want」との違いは何かあるのでしょうか。

 

その違いと使い方を1つずつ見ていきます。

 

 

crave の意味と want との違い

 

crave(クレイヴ)」は「(~が)欲しい」という意味があります。

 

意味的には「want」と同じです。

 

 

しかし、want との違いは、その求める強さが違います

 

「want」が「欲しい」だとすると、「crave」は、

 

切望する

渇望する

熱望する

 

など、より強い欲求を表します。

 

 

また、「crave to ~」の形で「~したい」のように使うこともできます。

 

カジュアルであれば、「めっちゃ~したい」と訳せるかもしれません。

 

使い方は want to と同じです。

 

 

また、「crave for」の形もあります。

 

これは主に食べ物や飲み物に使われるようですが、必ずしもそうとは限りません。

 

crave for 食べ物」も「crave 食べ物」も、どちらも見掛けます。

 

そして、「I'm craving for ~」のように、進行形でも使われるのが特徴です。

 

※他にも「(~を)請願する」「(~を)要求する」という意味もあります。

 

crave の語源と craft との関係

 

「crave」の語源を調べてみました。

 

「crave」はまず古英語「crafian」に遡ります。

 

基本的な意味は「請願」や「権利による要求」など、「求めること」にあります。

 

 

その「crafian」は、「」という意味を基礎に持つ「krabojan」という北ゲルマン語群の単語が語源のようです。

 

そして、中世で「ひたすら求める」という意味を通して、現在の意味になったようです。

 

「crave」の請願や要求という意味の出所が分かった気がします。

 

 

それと、ペーパークラフトなどの「craft」とも語源的に関係があると言われています。

 

craft」は「~を作る」という動詞

 

そして、「技能」「仕事」「工芸品」などという意味の名詞です。

 

 

古英語「craft」ゲルマン祖語「krab- / kraf」から来ているようです。

 

その基本的な意味は「power」「strength」「mighty」のような「フィジカル的な力やスキル」。

 

そして、そのフィジカル的要素から、「技術や手先を使うような skill や art」という要素を通過して、今に至る模様です。

 

 

「crave」と「craft」は、どちらも「力」が根底にあります。

 

発音も似ているような気がしてきます。

 

crave の例文

 

I'm craving for cheesecake.

→チーズケーキがめっちゃ食べたい。

 

 

I crave to see you.

→あなたにめっちゃ会いたい。

 

 

I crave to be stronger.

→より強くなりたい。