「make a toast」が英語で「乾杯する」という意味になる理由。その由来とは?

 

 

英語で「乾杯する」

 

英語で「乾杯する」は「make a toast」または「have a toast」と言います。

 

昔、「make a toast」は「乾杯する」だけど、「make toast」だと「トーストを作る」になるので注意しましょう、という説明を受けたことがあります。

 

「have toast」で「トーストを食べる」でも同じです。

 

正直、その時は何が違うのか、何故このような意味になるのかが分かりませんでした。

 

しかし、「toast」の使い方とその由来を知ると、その理由がハッキリしました。

 

「make a toast」の由来と意味

 

まず、「toast =乾杯」になった由来です。

 

現代と違い、味の悪いワインが多かった時代。

 

そこでワインの風味を増すため、祝杯に焼いた(焦げた)パンを1欠片入れたことに由来します。

 

そこから、乾杯という意味の名詞「toast」を使って「make a toast」や「have a toast」と表現するようになります。

 

ただ、「toast」だけでも、自動詞「乾杯する」他動詞「~に乾杯する」のように、動詞で使うこともできます。

 

これは、「look」と「take a look」、「bath」と「have a bath(take a bath)」などの関係をイメージすると分かりやすいと思います。

 

「make a toast」の使い方

 

「make a toast」の意味は「乾杯をする」です。

 

昨夜乾杯した」なら「I made a toast last night」。

 

乾杯しましょう」なら「Let’s make a toast」や「Let’s have a toast」になります。

 

他にも「Let's drink a toast」という表現も使われます。

 

また、「make a toast to ~」で「~に乾杯」と言うこともできます。

 

「toast」は数えられない名詞

 

食パンを焼いた方のトーストと、乾杯のトーストには大きな違いがあります。

 

それは、食べる方の「toast」は数えられない名詞(不可算名詞)です。

 

そのため、そもそも「a」が付きません

 

トースト1枚」と言いたい場合は「a slice of toast」または「a piece of toast」になります。

 

いくつか作る場合は「make some toast」です。

 

これは「a water」とは言わず、「a glass of water」や「some water」になるのと同じ使い方です。

 

「Cheers」の意味と「make a toast」との違い

 

乾杯に関連する有名な単語に「cheers(チアーズ)」があります。

 

この cheers は、ただの乾杯の掛け声です。

 

そのため、「cheers」だけでは乾杯しましょうとはなりません。

 

日本語で言う、

 

A「それじゃあ乾杯しましょう。乾杯!」

その他大勢「乾杯!」

 

を英語にすると、

 

「Let’s make a toast. Cheers!」

「Cheers!」

 

となります。

 

「toast」の例文

 

Let's make a toast to Lisa.

→リサに乾杯しましょう。

 

Let's have a toast to the good life.

→いい人生(生活)に乾杯。

 

Let's drink a toast when we meet again!

→再会した時に乾杯しましょう!

 

Let's toast 2021!

→2021年に乾杯!

 

We toasted with champagne.

→シャンパンで乾杯しました。