「northern lights」「southern lights」の意味は何の光?

 

 

「northern lights」「southern lights」の意味

 

northern lights」は「オーロラ」のことを指します。

 

northern」は「北の」や「北部の」という意味の形容詞です。

  

主に「the northern lights」や、略された「N-lights」という形で表されます。

 

日本語でも北極光と言います。

 

 

オーロラは北欧や北極圏で見られるイメージがあります。

 

しかし、南方でも観測されることがあります。

 

それは南極光と呼ばれ、英語では「the southern lights」となります。

 

「オーロラ(aurora)」は何語?

 

では、日本でよく使われているオーロラ(aurora)は何語なのでしょうか。

 

実はラテン語から来ているようです。

 

しかも、日本語のアクセントとカタカナ表記が異なります。

 

【オーロラの発音】ərˈɔːrə

 

本当の発音は「オローラ」で、アクセントはロにあります。

 

そして、北で見られるものは「aurora borealis」と言います。

 

boreal」の意味は「北方の」。

 

発音をカタカナにすると「ボリアラス(ボリアリス)」です。

 

 

一方、南で見られるものを「aurora australis」と言います。

 

australis」の意味は「南方の」や「オーストラリアの」。

 

発音は「オ(ー)ストラリス」です。

 

オーストラリア政府が建造したオーロラ・オーストラリスという船があります。

 

これは南極観測船(調査研究船・砕氷船)で、船の名前にもなっています。