「phenomenon」の意味と複数形の「phenomena」 その語源とは

 

「phenomenon」と複数形の「phenomena」。

 

その意味と語源とは。

そして、なぜこのような違いになるのでしょうか。

 

 

「phenomenon」と「phenomena」の意味と読み方

 

「phenomenon」「現象」「事象」「事件」などという意味の名詞です。

 

その複数形が「phenomena」です。

 

カタカナ語を当てると

 

・「phenomenon」=「フィナマナン」

・「phenomena」=「フィナマナ」

 

になります。

 

どちらも「ナ」にアクセントがあります。

 

 

その他の「phenomenon」

 

他にも「驚異的なもの(人)」「並外れている」という意味があります。

 

 

ブラジルのサッカー選手だったロナウドが「フェノーメノ」と呼ばれていました。

 

それは「phenomenon(フィナマナン)」のポルトガル語バージョンです。

 

ロナウドのプレイが脅威的であり、超常現象的なことからフェノーメノでした。

 

しかし、日本では「怪物」と呼ばれることが多いです。

 

 

日本にはフェノーメノと名付けられた競走馬もいました。

 

生涯成績18戦7勝。

 

黒い体が光る馬です。

 

 

フェーン現象「(the) Foehn phenomenon(またはFoehn wind)」

 

超常現象「paranormal phenomena」

 

「phenomenal」は形容詞で、「驚異的な」「驚くべき」という意味です。

 

 

「phenomenon」語源

 
「phenomenon」古代ギリシア語「phaino」に遡れます。
 
意味は「輝く」「現れる」
 
 
その「phaino」は「輝く」や「光る」という意味の印欧語(インド・ヨーロッパ語)「bheh-(bʰeh₂-)」が語源のようです。
 
 
先述したように、ポルトガル語では「フェノーメノ」と言います。
 
スペイン語でも同じ綴りで、発音もほぼ同じです。
 
どちらかと言うと、発音は「フェノメノ」に聞こえます。
 
 

映画「フェノミナン」

 
ジョン・トラボルタ主演の映画「フェノミナン(Phenomenon)」。
 
ローマ字読みと混ざったタイトルは置いておいて、これは「不思議な現象」をモチーフにした映画です。
 
 
【あらすじ(若干ネタバレあり結末なし)】
 
ジョージ(ジョン・トラボルタ)は自分の誕生日の夜、謎の光に襲われます。
 
その結果、どこにでもいる平凡な男性が、突然不思議な能力を得てしまいます。
 
今まで話せなかった言語を少し勉強しただけで話せるようになったり、発明をして町の人たちを助けもします。
 
果ては地震予知までし始めます。
 
 
そして、ある日、謎の無線暗号を解読します。
 
が、実はそれは軍が発したものでした。
 
そのせいで、ジョージはFBIに連行されます。
 
そこで様々なテストをされた後、FBIの監視はあるものの、帰宅します。
 
 
その後、不思議な能力のせいで、町の人たちのジョージを見る目が変わっていきます。
 
そんな中、ジョージを一人の人間として見てるのがレイスという女性でした。
 
前々から秘かにレイスに思いを寄せ、突然得た能力をレイスのために使おうとしているジョージ。
 
しかし、その不思議な能力は自身の体を蝕んでいました。
 
 
ある日、町でバザーが開催されます。
 
そこでジョージは能力を得るきっかけとなった謎の光を再び見ます。
 
その衝撃で倒れ、病院に運ばれます。
 
様々な検査を受けるジョージ。
 
その中で、自分の死期を悟ったジョージは病院を飛び出し、レイスの元へ……
 

 

アマゾンプライムで見る

Amazonプライム・ビデオ