「schedule」の発音は2種類あります【アメリカとイギリスの違い】

 

 

アメリカ英語とイギリス英語は「schedule」の発音が違う

 

schedule」は「スケジュール」として日本語にもなっています。

 

が、実は「schedule」の発音は2種類存在します。

 

 

スケジュール」はアメリカカナダでの発音(アメリカ英語)をカタカナにしたものです。

 

イギリスオーストラリアニュージーランドの発音(イギリス英語)をカタカナにすると「シェジュール」になります。

 

schedule の発音記号

 

アメリカ【skédʒuːl】

イギリス【ʃédjuːl】

 

このように、全く違います。

 

「reschedule」の発音

 

似たような単語に「reschedule」があります。

 

意味は「~(日程・計画など)を変更 / 延期する」です。

 

これも同様で、2種類の発音が存在します。

 

reschedule の発音記号

 

アメリカ【rìːskédʒuːl】

イギリス【rìːsʃédjuːl】

 

 

これは英語の試験(特にTOEIC)のリスニングの際に注意が必要な単語です。

 

ナレーターの出身によって、発音が異なることがあります。

 

ただ、実際にはアメリカでもイギリス発音をする人(地域)があるので、どちらでも反応できるように2種類の発音を頭に入れておくのが良いと思います。