「security」と「securities」の意味と違い。「securities company」の意味とは?

 

「security」と「securities」の意味と違い

 

security」は「安全」「警備」「保証」などという意味のある名詞です。

 

これは「security guard(警備員)」や「security company(警備会社)」のように、カタカナのセキュリティとして定着しています。

 

これらの意味の「security」は不可算名詞です。

 

しかし、「securities」という複数形を取ると、「有価証券」という意味に変わります。

 

そこから、「securities company」や「securities corporation」の意味は「証券会社」になります。

 

 

アメリカにSECという組織があります。

 

これは「the Securities and Exchange Commission」の略で、証券取引委員会を指します。

 

また、英語で国債(公債)は「government securities」になります。

 

 

TOEICでは「○○ securities corporation(○○証券)」のような文章で登場することがあります。

 

 

このように、「security」と「securities」は大きく意味が異なるので注意が必要な単語です。