MENU

Single-Use の意味|様々な業界で使われる単語「シングル・ユース」

 

 

 

Single-Use の意味

 

Single-Use」の読み方は「シングル ユース」です。

 

single」は日本語にもなっているように、「たった1つの」や「独身の」という意味の形容詞です。

 

use(ユース)」は「使う」という意味の動詞「use(ユーズ)」の名詞形です。

 

 

そこから、「Single-Use」は「たった1度の使用の」を表します。

 

つまり、「使い捨て」のことです。

 

 

最近では、

 

single-use plastics

single-use cups

single-use paper coffee cup

single-use Plastic Bags

single-use items

single-use plastic products

 

のように、プラスチック製品に関する環境問題でよく登場します。

 

特にプラスチックによる海洋汚染が注目されています。

 

 

そのため、

 

a ban on single-use plastics

→使い捨てプラスチックの禁止

 

 

5 ways to reduce single-use plastics.

→使い捨てプラスチックを減らす5つの方法。

 

 

We need to stop using single use plastics.

→我々は使い捨てプラスチックの使用を止める必要がある。

 

など、 「single-use plastic」の削減や使用制限、廃止運動が見られます。

 

日本でも、チェーン店でのプラスチック製ストロー廃止の動きがあります。

 

今後も「single-use ○○」という文字を見かける機会が更に増えていくかもしれません。

 

その他の Single-Use

 

その他にも「Single-Use」が使われている業界があります。

 

 

1つは海外のホテルで使われる「Single Use」です。

 

これは「ダブルやツインの部屋を1人で利用すること」です。

 

シングルベッドのある1人用の部屋は「Single Room」です。

 

海外に行く際は覚えておいた方がいい単語です。

 

ただ、最近では日本でも、「シングルユース」という名称で、サービスの1つとして提供しているホテルもあるようです。

 

 

他には医療の世界にも「Single-Use」があります。

 

単回使用医療機器(=使い切りの医療機器 / 器具)」を「SUD」と言います。

 

それは「single-use device」の頭文字から取られています。