「surprised to」の発音は「サプライズドゥ」か「サプライストゥ」

 

 

surprised to の発音

 

surprised to」の発音はカタカナ読みをすると「サプライズドゥ トゥ」になります。

 

が、実際にはそのように発音されることはあまりありません。

 

 

サプライズドゥ」や「サプライストゥ」のように聞こえます。

 

そして、サプライズドゥのズは一瞬の「z」です。

 

 

また、100%ではありませんが、

 

・イギリスは「サプライストゥ」

・アメリカは両方ありつつ「サプライズドゥ」

 

が多い印象です。

 

イギリスでは動詞「have」も「ハフ」と濁らないで発音されることがあるので、その繋がりもあるかもしれません。

 

 

他にも、アメリカでは to が濁ることがあるので、「サプライzダ」のように聞こえることがあります。

 

surprised の発音

 

surprised 単体の発音は「サプライズd」のように d の音が若干聞こえることもあれば、ほぼ surprise と同じになることもあります。

 

発音記号はこうなっています。

発音記号【səˈpraɪzd

 

記号は d ですが、サプライストゥと t になっている人もいます

 

surprised to の発音は、その surprised と to が合体して「サプライズドゥ / サプライストゥ」になります。

 

 

また、surprised の後ろに母音が続く場合は d の音が割とハッキリ出現します。

 

例えば、「I'm not surprised at all.」。

 

これは「d + at + all = ダドール」の変化で「サプライズダドール」のようになり、主にアメリカで顕著です。