「that is to say」の意味。その使い方とは?

 

 

「that is to say」の意味と使い方

 

that is to say, ~」は言葉の前置きとして使われるフレーズです。

 

意味は「つまり」や「すなわち」、「言い換えると」という英語表現です。

 

使い方は日本語と同じで、前の文章を受ける形で、文頭や文中に挿入されます。

 

そして、その後に補足や詳しい説明を付け加えます。

 

また、「that is, ~」と、to say が省略されることもあります。

 

意味と使い方は「in other words」とほぼ同じのため、多くの場合で置き換えることが可能です。

 

 

例文

 

He's not here. That is to say, he's gone.

→彼はここにはいない。つまり、どこかに行ってしまった。

 

I lost my job, that is, I was fired.

→私は職を失った。言い換えると、解雇された。

 

His friends, that is to say, my son's friends, will meet us at the station.

→彼の友達、つまり、私の息子の友達は駅で私たちと会います。

 

She is the most important person at this company, that is to say, She is the company president.

→彼女はこの会社で最も重要な人物です。すなわち彼女はその会社の社長です。

 

Prosperity does not last forever. In other words, it will come to an end one of these days. 

→繁栄は永遠に続くものではない。つまり、いつかは終わりを迎えるものだ。

(Duo3.0より)