【例文で学ぶ】感嘆文「what」と「How」の違いと作り方が1発で分かるポイント

※当ブログの記事にはアフィリエイト広告が含まれる場合があります

 

なんて~なんだろう!」でお馴染みの感嘆文

 

 

そして、

What と How の使い分け方や見分け方が分からない!

 

感嘆文の作り方が分からない!

と思った方も多いと思います。

 

 

しかし、使い分けと見分け方はとても簡単なので、1つのポイントを意識するだけで苦手意識もなくなります。

 

 

 

感嘆文 what と How の使い分けのポイント

 

感嘆文の「what」と「How」を使い分けする時は「後ろに名詞があるかどうか」がポイントになります。

 

後ろに名詞があるのが What

 

後ろに名詞がないのが How

 

この違いを頭に入れておけば混乱しません。

 

 

感嘆文「what」の作り方と文章構造

 

まずは What のパターンを見ていきます。

 

例文

What a cute cat this is!

 

→なんて可愛い猫だろう!

 

 

この文が何故 What から始まるのかというと、後ろに名詞「cat」があるからです。

 

 

その cat に可愛いという形容詞「cute」がくっ付いて「a cute cat(可愛い猫)」という1つの名詞のかたまりを作っています。

 

 

 

そして、最後に文(SV)が置かれるのですが、会話ではよく省略されます。

 

これを普通の肯定文にすると「This is a very cute cat.」になります。

 

What a big fish he caught!

 

例文

What a big fish he caught!

 

→彼は何と大きな魚を捕まえたのだろう!

 

こちらも名詞「fish」があります。

 

 

そして、「a big fish」+「he caught」という、形容詞+名詞に文が続いた形になっています。

 

 

また、自分がその場にいれば、誰が大きな魚を取ったかは分かるため、会話では「he caught」を省略します。

 

What a day!

 

例文

What a day!

 

→なんて日だ!

 

これも同様で、名詞「day」なので What と組み合わさります。

 

 

ただし、形容詞が無いと、良い日と悪い日のどちら意味とも取れてしまいます

 

 

そこで、これに形容詞を加えることにより、

 

What a beautiful day!(なんて素敵な日だ!)」

 

と具体的にすることができます。

 

 

 

ルイ・アームストロングの『What a wonderful world』という曲もこのパターンで、日本語では「この素晴らしき世界」と訳されています。

 

 

また、漫画『ワンピース』のDr.ヒルルクのセリフにも使われています。

 

[関連記事]

Dr.ヒルルクの「まったくいい人生だった」は英語でどう翻訳されている?

 

名詞が複数形の場合

 

注意点は名詞が複数形の場合です。

 

例文

What good children they are!

 

→なんていい子供たちなんだろう!

 

 

複数形「children」が続く場合、a/an はありません

 

「What a」で暗記していると、つい置きがちなので注意が必要です。

 

 

 

以上のように、What で始まる感嘆文には3種類あります。

What + a/an + 形容詞 + 名詞 +文(SV)

 

What + a/an + 名詞

 

What + 形容詞 + 名詞の複数形 +文(SV)

 

いずれも名詞を強調させる働きをしています。

 

 

そして、会話では後半の文章部分は省略されることが多いです。

 

感嘆文「How」の作り方と文章構造

 

次は How のパターンを見てみます。

 

例文

How lucky you are!

 

→あなたはなんて運がいいのでしょう!

 

 

How の次には形容詞「lucky」が置かれています。

 

そしてすぐ後ろに「誰がラッキーなのか」を意味する文が続いています。

 

 

このように、「How + 形容詞 + 文(SV)」が基本になります。

 

How big that dog is!

 

例文

How big that dog is!

 

→あの犬はなんて大きいのだろう!

 

How の次には形容詞「big」

 

そして、「何が大きいのか」を指す「that dog is(あの犬は)」という文(SV)続きます。

 

How pretty this flower is!

 

例文

How pretty this flower is!

 

→この花はなんて綺麗なんだろう!

 

How + 形容詞「pretty」 + 文「this flower is」の形です。

 

 

これも「綺麗(How pretty)」→何が綺麗か→「この花は(this flower is)」になります。

 

 

 

以上のように、「How + 形容詞(または副詞) + 文(SV)」が基本の形になります。

 

How は形容詞を強調させる働きをしているのがポイントです。

 

そして何より、名詞がありません

 

 

後半部分は言わなくても分かる場合が多いので、省略する What と同様です。

 

感嘆文の How は使わない?

 

How を使った感嘆文は、日常会話ではほぼ使いません

 

 

どちらかと言うと、皮肉としてワザとこのような表現を使ったり、物語や劇などで使われるような言葉です。

 

what と How の書き換え

 

「what」と「How」はある程度は書き換えることが可能です。

 

例文

What a lucky girl you are!

 

→あなたはなんてラッキーな女の子なんだろう!

 

 

この文を How で表すとこうなります。

 

言い換え

How lucky you are!

 

→あなたはなんてラッキーなんだろう!

 

 

この2つの文の違いは名詞「girl」があるかどうかです。

 

名詞「girl」がない How の場合、少し具体性に欠けてしまいます

 

意味がほぼ変わらないパターン

 

逆に、意味がほぼ変わらないパターンもあります。

 

例文

How huge that plane is!

 

→あの飛行機はなんて大きいんだろう!

 

 

この文を What で書き換えると、

 

言い換え

What a huge plane that is!

 

→なんて大きい飛行機なんだろう!

 

 

2つの文章は実質同じことを表しています。

 

 

 

このように、若干ニュアンスが変わる場合と、どちらでもほぼ変わらない場合があります。

 

よって、ある程度は書き換えが可能、という表現になります。

 

感嘆文の例文

 

What a big tree!

 

→なんて大きな木だろう!

 

 

What a nice car you have!

 

→なんていい車を持っているんだろう!

 

 

How lucky!

 

→なんて運が良いんだろう!

 

 

How long this tunnel is!

 

→なんて長いトンネルだろう!

 

 

How fast you run!

 

→あなたはなんて速く走るんだろう!

 

 

How talented you are!

 

→あなたはなんて才能があるんだろう!

 

 

How cool!

 

→なんてカッコいいんだろう!

 

 

What a surprise!

 

→驚いたなあ!

 

 

まとめ

 

【What のパターン】

 

・What は名詞を強調

 

・What + a/an + 形容詞 + 名詞 +文(SV)

 

・What + a/an + 名詞

 

・What + 形容詞 + 名詞の複数形 +文(SV)

 

 

【How のパターン】

 

・How は形容詞を強調

 

・How + 形容詞 / 副詞 + 文(SV)

 

・How + 形容詞 / 副詞 + 主語 + 動詞の形は古めの表現

 

 

【その他のポイント】

 

・名詞があるかどうかが1つのポイント

 

・いずれも会話では文(SV)が省略される(言わなくても分かるため)

 

・What と How はある程度は書き換え可能

 

 

 

そして、「感嘆文は日常会話ではほぼ使われない表現」ということに注意します。