「would often」と「used to」の使い方とニュアンスの違いを1つずつ解説!

 

「would often」と「used to」

 

これらはどちらも「よく~したものだった」という訳が当てられます。

 

しかし、英語のニュアンスは少し異なります。

 

それらの使い分けや意味を1つずつ見ていこうと思います。

 

 

「would often」と「used to」の違い

 

「would often」は文法的には「(昔は)よく~したものだ」です。

 

これは過去の習慣に言及しています。

 

過去によくやっていたことを言いたい時に使います。

 

 

「used to」は文法的には「以前は~した」「以前は~があった」という現在と過去の対比を表します。

 

ニュアンス的には「昔はよくやっていたけど、今はやっていない」「昔は存在していたけど、今はもう存在しない」になります。

 

次はそれらの違いをもう少し詳しく見ていきます。 

 

「would often」のニュアンス

 

「would often」は回数を表す「often」が入っています。

 

「often」は「しばしば」「たびたび」という意味です。

 

そこから、かつて習慣的にやっていたことを表します。

 

直訳するなら、「昔は~をよくやっていた」です。

 

しかし実は、そこに「今現在」についての言及はありません

 

つまり、正確には

 

「would often」=「昔はよくやっていた(けど今は不明)」

 

になります。

 

現在はどうなのか、ということは話している本人にしか分かりません。

 

そのため、「would often」には

 

・「前はやっていたけど、今はやっていない」

・「今もやらなくはないけど、昔より回数は減った」

 

の2つのニュアンスが含まれます。

 

これは

 

Aさん「前はよくテニスをしていたなぁ(I would often play tennis)」

Bさん「今もまだやっているの?」

 

と返されるかもしれません。

 

「would often」の後は動作動詞のみ使えます。 

 

「used to」のニュアンス

 

「used to」は「昔は習慣的にやっていたけど、今は全然やってない」です。

 

つまり、「昔と今を比べて、やらなくなったこと」を表すときに使います。

 

「would often」と比べて明確です。

 

 

そして、もう1つ意味があります。

 

「昔は存在したけど、今は存在しないもの」を表すときに使います。

 

・昔はここにパン屋があったと言いたい時(現在パン屋は無い)

・今はビルが立っているけど、昔はここは公園だったと言いたい時

 

などは「use to」を使います。

 

動作動詞と状態動詞の両方が使えます。

 

例文

 

I used to play tennis.

→昔はよくテニスをしていた(けど今はやっていない)。

 

I would often play tennis.

→昔はよくテニスをしていたなぁ。

 

I used to go to the movies.

→昔はよく映画を見に行った(けど今は全然行かない)。

 

I would often go to the bar.

→昔、そのバーに結構行ったなぁ。

 

I used to read this all the time as a kid.

→子供の頃、これをずっと読んでた(けど今はもう読んでいない)。

 

I used to live in New York.

→前はニューヨークに住んでいた(けど今は引っ越した)。

 

There used to be a convenience store here.

→前はここにコンビニがあった(けど今はもうない)

 

I would often play the piano.

→昔はよくピアノを弾いていたなぁ。

 

I used to play the guitar.

→昔はよくギターとピアノを弾いていた(けど今はもう弾いていない)。

 

There used to be a good restaurant near here.

→この近くに良い感じのレストランがあった(けど今はもうない)。