相手への提案を意味する「You might want to」の使い方

 

 

「You might want to」の意味と使い方

 

you want to ~」は「~した方がいいよ」という意味で、相手へ提案やアドバイスをする時のフレーズです。

 

そこに「might」が入ることにより、「~した方が良いかもしれないですよ」と、柔らかい表現になります。

 

「might」の代わりに「may」が入ることがありますが、違いはほぼありません。

 

 

意味と使い方的には「~すべき」と訳される「You should」や「You had better」と同じですが、「You might want to」の方がより柔らかく控えめです。

 

また、口語では「want to」が省略された「wanna」になることがあります。

 

これは日常会話からビジネスまで幅広く使えるため、覚えておいて損はないフレーズです。

 

「You don't want to」 の意味

 

否定形も同じです。

 

You don't want to ~」は「~しない方がいいよ」となります。

 

あくまで控えめな提案・アドバイスのため、実際にどうするかという最終的な判断は、相手方に委ねられます。

 

例文

 

You might want to ask her.

→彼女に聞いた方がいいかもしれないですよ。

 

You might want to bring an umbrella.

→傘を持って行った方がいいかもしれないですよ。

 

You might wanna read this.

→これを読んだ方がいいかもよ。

 

You don't want to see it.

→見ない方がいいですよ。

 

You don't wanna get her angry.

→彼女を怒らせない方がいいよ。

 

You don’t want to do that.

→そんなことはしない方がいいですよ。

 

You don’t wanna know.

→知らない方がいいよ。