バイリンガル版 横山光輝三国志を買った話【漫画を英語で読む】

 

 

バイリンガル版 横山三国志を買った話

 

先日、ふらっと本屋に立ち寄りました。

 

英語のコーナーを覗いたら、バイリンガル版の横山三国志を発見しました。

 

こんなのあったのか。

 

と思ったら、発行が2019年11月25日。

 

まあまあ新しめの本でした。

 

欲しいと思ったのですが、他のバイリンガル版よりも少しお高く、2000円(定価)します。

 

他のバイリンガル版は1000~1500円くらいです。

 

ちょっと高いな……

 

と思いつつも、全巻持っているくらい横山三国志は好きですし、結局、後日買いました。

 

文庫版と並べると分かるように、大判です。

 

バイリンガル版 横山三国志 英語版

 

 

このバイリンガル版横山三国志は「桃園の誓い」から「五丈原の戦い」まで5つのパートに分けるようです。

 

横山三国志をギュッと縮めた全5巻になるのでしょうか。

 

ちなみに1巻に載っているのは文庫版10話に対し、バイリンガル版は7話です。

 

中身は、口語から難しめの書き言葉まで出てきます。

 

また、桃園の誓いなど、有名なセリフがどう訳されているのかを見るのも一興であります。

 

ただ、最大の難点が人物名と地名です。

 

日本語と英語では名称が割と異なるため、新たに頭に入れる必要があります。

 

それと、巻末には翻訳家からの一言と、それの英訳が載っているのは面白い所だと思います。

 

英語版漫画とバイリンガル版の違い

 

翻訳された英語版の漫画とバイリンガル版の違いは、日本語訳の有無です。

 

翻訳版の漫画は英語のみ、かつ大文字が使われているため、慣れないと読みにくいです。

 

一方、バイリンガル版の漫画は、吹き出しのセリフは英語(小文字)、そして枠外に日本語訳が載っています。

 

そのため、1冊で日本語と英語の読み比べができます。

 

このバイリンガル版は、色々なジャンルが出ています。

 

Amazonでバイリンガル版漫画を見る