英語で「~できて良かった」の言い方。注意すべき「~しないで良かった」の語順

 

 

英語で「~できて良かった」の言い方

 

~できて良かった」や「~して良かった」は「It’s been nice +動詞のing」で表現することができます。

 

 

 

例えば、よく使われるフレーズが「It’s been nice knowing you all.」です。

 

意味は「みんなと知り合うことができて良かった」になります。

 

 

 

It's been nice working with you.

 

なら

 

あなたと一緒に仕事ができて良かった

 

となります。

 

 

 

また、「It's been really nice seeing everyone again.(みんなにまた会えて本当に良かったです / 本当に嬉しいです)」のように、「really」で強調されることも多いです。

 

 

否定の「しないで良かった」の語順

 

not を入れると「~しないで良かった」と言うことができます。

 

not は「It’s been nice not +動詞のing」と、動詞のingの前に入ります。

 

例文

 

It's been nice not getting sick at all for a couple of years.

 

→ここ数年間、全く病気にならなくて良かった。

 

 

It’s been nice not seeing my boss this week.

 

→今週、上司に合わなくて良かった。

 

 

「It’s not been nice +動詞のing」の意味

 

注意すべきは「It’s not been nice +動詞のing」の形です。

 

意味は「~したことが良くなかった」で、not が nice に掛かっています。

 

 

 

例えば、「It's not been nice knowing you.」という文。

 

"あなたと知り合ったこと / あなたを知ったこと" が良くなかった」のニュアンスです。

 

 

 

一方、「It's been nice not knowing you.」は「あなたと "知り合わなくて / 知らなくて" よかった」になります。

 

 

若干ニュアンスが異なるので注意が必要です。

 

 

その他の例文

 

It's been nice talking with you.

 

→あなたと話せて良かった。

 

 

It’s been nice watching it again.

 

→また見ることができて良かった。

 

 

It's been nice being able to sleep through the night.

 

→夜ぐっすり寝られて良かった。

 

 

It’s been nice not catching a cold.

 

→風邪を引かなくて良かった。

 

 

It’s been nice not taking this stuff too seriously.

 

→これをあまり真剣に受け取らなくて良かった。

 

 

It's been nice not tweeting every thought that comes into my head.

 

→頭に浮かんだ考えを全てツイートしなくて良かった。

 

 

 

また、単純な「~して良かった / ~しなくて良かった」は「I'm glad」でも表現できます。

 

英語で「~しなくてよかった」の言い方。逆に「してよかった」は何と言う?