逃走中という意味の「at large」|その語源とは?

 

「at large」は「逃走中」「逃亡中」という意味です。

 

何故このような意味になるのでしょうか。

 

その不思議な意味の語源や使い方とは。 

 

 

 

「at large」の意味と使い方

 

「at large」「逃走中」「逃亡中」という意味です。

 

主に危険な人物(犯人)や、動物が逃げ出した時に使われます。

 

「(主語) be at large」の形で使われ、

「(主語)が逃走中」となります。

 

 

「at large」の語源

 

「large」はラテン語に起源を持ちます。

 

当時の「large」は、

 

・「bountiful(豊富な)」

・「broad(広い)」

・「freedom(自由)」

・「liberty(自由)」

 

などという意味がありました。

 

そして、ラテン語から、古フランス語を経由します。

 

古フランス語の「large」にも、「自由である 」という意味がありました。

 

その古フランス語から現代の英語になる過程で、現在の「大きい」という意味が追加されます。

 

また、それとは逆に、「自由」という意味が「large」から消えていきます。

 

しかし、辛うじて「at large」の形でのみ、「自由」という意味の欠片が残りました。

 

そのため、「large」ではなく、あくまで「at large」の塊で成句になっています。

 

 

「逃走中」=「(檻などから)解き放たれて自由である」ということになります。

 

 

「at large」のその他の意味

 

「at large」には他に「一般の~」「~全体」という意味があります。

 

・the world at large

→世界全体

 

・the society at large

・the public at large

→社会全体(一般社会)

 

・the people at large

→一般の人びと

 

 

例文

 

The suspect is at large.

→容疑者は逃走中。

 

They're still at large.

→彼らはまだ逃げている。

 

The snake is still at large.

→その蛇はまだ捕まっていない。