「be ready」と「get ready」の違いは be と get の意味の違い

 

 

be ready と get ready の違い

 

ready」は「準備ができて」という意味の形容詞です。

 

そして、be ready と get ready では少し意味が異なります

 

その違いは、be 動詞と get の持つニュアンスの違いから生まれてきます。

 

 

 

まず、be 動詞は「状態」を表します。

 

そのため、be ready は「準備ができている状態」を表しています。

 

 

つまり、「I'm ready.」と言った場合は、「私は準備ができている状態です」という意味になります。

 

イメージとしては、既にリュックサックに必要な荷物を詰めてあり、いつでも出かけられる状態です。

 

 

Are you ready?」なら、意味は「準備ができている状態になっていますか?」=「準備はいいですか?」となります。

 

 

 

一方、get は「変化」を表します。

 

そこから、get ready は「be ready になる変化」を表しています。

 

これは日本語の「準備をする」に当たります。

 

 

例えば、「I have to get ready.」は「準備をしなければならない」になります。

 

つまり、リュックに必要なものを詰める作業をしなければならない、というイメージです。

 

 

以上のように、be と get の持つニュアンスを理解すると、意味の違いも理解しやすくなります。