「lab-grown」の意味。「lab」は何の略称?

 

 

「lab-grown」の意味

 

lab」は「laboratory」の略で、意味は「実験室」や「研究所」です。

 

ラボ」というカタカナでも使われます。

 

そこから、「lab-grown」は「実験室で育てられた」となります。

 

何が育てられるのかというと、

 

lab-grown food

lab-grown meat

lab-grown fish

 

という言葉で多く見かけます。

 

これは人工的に培養された食べ物、肉や魚(の刺身)です。

 

一昔前だと、漫画や映画などで人口肉というものが出てくることがありました。

 

それも今やノンフィクションの世界になっています。

 

他にも「plant based meat」という、植物由来の肉も実用化されています。

 

www.1karaeigo.com

 

「lab-created」の意味

 

同じような言葉に「lab-created」があります。

 

これは「ラボで作られた」という意味です。

 

人工(合成)ダイアモンドは「lab-created diamonds(ラボで製造されたダイアモンド)」です。

 

ただ、このCNNの記事では「lab-grown diamonds」となっています。

edition.cnn.com

 

また、この記事の中に「Home-grown stones」というものが出てきます。

 

【その他の記事】

www.bbc.com

 

「home-grown」の意味

 

home-grown」の意味は

 

自家栽培の

国産の

地元の / 地元産の

自社の / 自社製の

 

などで、home の意味は文脈によって変わってきます。

 

home-grown rice

→国産米

 

home-grown tomatoes

→自家製トマト

 

home-grown player

→地元出身の選手 

 

home-grown product

→地元産の・自家製の・自社の製品