「お見逃しなく」を英語で言うと? 「Don't miss it」と「Don't miss out」の違いとは

 

テレビ番組やCMの予告で良く使われるフレーズ。

 

「お見逃しなく!」

 

それを英語で言うと、どうなるのでしょうか。

 

 

 「お見逃しなく」を英語で言うと?

 

英語の「お見逃しなく」には2つの表現があります。

 

・「Don't miss it」

・「Don't miss out」

 

どちらも「お見逃しなく」という意味になります。

 

日本だと「Don't miss it」の方が多く聞くように思います。

 

 

「Don't miss it」「お見逃しなく」「乞うご期待」という、お馴染みのフレーズです。

 

「miss」「~し損ねる」「~を逃す」などという意味です。

 

 

「miss out」

 

・「(機会などを)逃す」

・「好機を逃す」

 

という意味で、主に「良いものを逃す」というニュアンスです。

 

「miss out on ~」の形で

 

・「~(機会など)を逃す」

・「~の好機を逃す」

 

になります。

 

もし番組で「Don't miss out!」と言った場合は、

 

「(この番組を見る機会 / 好機を)逃すな!」

 

ということになります。

 

そのため、ニュアンス的には「Don't miss it」も「Don't miss out」もほぼ同じです。

 

 

例文

 

I missed the last train.

→終電に乗り損ねた。

 

Sorry, I missed your call.

→ごめんなさい、あなたの電話に出られませんでした。

 

I missed out on seeing her.

→彼女に会う機会を逃した。

 

Don't miss out on this great opportunity.

→このすごい機会を逃すな。

 

Don't miss out on getting your Tickets!

→チケットを入手するチャンスを逃すな!

 

You are missing out.

→あなたは機会を逃している(→損している)。

 

今日は「お見逃しなく」という意味の「Don't miss it」と「Don't miss out」でした。