「stay sharp」の意味。似た「stay focused」の意味とは

 

 

「stay sharp」の意味

 

「stay sharp」はドラマや映画に出てきた時、

 

気を抜くな

気を付けろ

油断するな

警戒しろ

 

などと日本語訳され、主に誰かに注意を促す場面で使われます。

 

Stay sharp, friend.

→気を抜くなよ、相棒。

 

「stay」は「~のままでいる」という動詞。

 

sharp」は「鋭い(鋭利な)」「急な」「はっきりした」などいう意味の形容詞ですが、「利口な」や「頭が切れる」という意味もあります。

 

そこから、「stay sharp」は、

 

利口なままでいる=頭を働かせたままでいる=気を抜かない

神経を尖らせる(神経を研ぎ澄ます)

 

というイメージになると思います。

 

そして、相手に対して言った場合、「気を抜くな」などという訳がなされます。

 

「stay focused」の意味

 

同じような意味の言葉に、「stay focused」があります。

 

「focused」は、「集中する」という意味の動詞「focus」の形容詞形です。

 

そこから、「stay focused」は「集中力を保つ」という意味になります。

 

使い方は stay sharp とほぼ同じです。

 

また、「stay focused on ~」で「~に集中する」とすることもできます。

 

Stay focused!

→集中!

 

I can't stay focused on training.

→トレーニングに集中できない。

 

You've got to stay focused.

→集中しなきゃ。