文頭の「The way I see it」の意味と使い方。「That’s the way I see it.」とは?

※当ブログの記事にはアフィリエイト広告が含まれる場合があります

 

 

The way I see it の意味と使い方

 

The way I see it,」は文頭に置かれ、「私の考えでは」や「私が思うに」という前置きの言葉として使われます。

 

 

 

また、「That’s the way I see it.」の形で「それが私の考えです」や「私はそう思います」のように使うこともできます。

 

 

That’s the way I see it too.」もよく見られ、「私もそう思います」と言いたい時に使われます。

 

 

 

類語には in my view がありますが、The way I see it の方が口語的な言い方です。

 

文頭の「in my view」の意味と使い方

 

 

映画『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』の例文

The way I say it, you have three choices.

 

あなたの選択肢は3つ

 

映画の終盤に出てきたイルサ・ファウスト(レベッカ・ファーガソン)のセリフです。

 

 

直訳だと「私が思うには、あなたには3つの選択肢がある」となります。

 

ドリー・パートンの言葉

 

アメリカの歌手で女優のドリー・パートンの有名な言葉にこのようなものがあります。

 

The way I see it, if you want the rainbow, you gotta put up with the rain.

 

 

日本語訳はこうなっています。

 

虹を見たければ、ちょっとやそっとの雨は我慢しなくちゃ

 

 

 

The way I see it の部分は特に訳されないことが多いですが、要は「~というのが私の考えです」という自分の意見を述べています。

 

 

このような「The way I see it, if ~」の形も見られます。

 

 

The way I see it の例文

 

The way I see it, this is your fault.

 

→私が思うに、これはあなたのせいです。

 

 

The way I see it, we have two options.

 

→私の考えでは、2つのオプションがあります。

 

 

The way I see it, there is stil possibility.

 

→私が思うに、まだ可能性があります。

 

 

The way I see it, fluency has three pillars.

 

→私の考えでは、(言語の)流暢さには3つの柱があります。

 

 

That's not the way I see it.

 

→私はそう思いません。