be easy to の意味と使い方。人が主語になる時の注意すべき訳し方

 

 

be easy to の意味と使い方

 

be easy to do」は「(主語を)~するのは簡単だ」という意味のフレーズとして使われます。

 

特に、「It is easy to」で「~するのは簡単だ」として有名です。

 

 

例えば、「It's easy to understand.」なら「理解するのは簡単だ」になります。

 

 

漠然とした it を具体的にしたい場合は、

 

This book is easy to understand.(この本を理解するのは簡単だ)

 

の形にもできます。

 

 

応用として、

 

It's difficult to understand.(理解するのは難しい)

This book is hard to understand.(この本は理解するのが難しい)

 

のように、「難しい」にすることも可能です。

 

人 be easy to do の意味

 

少し意味が取りにくいのが、「人 is easy to do」の形です。

 

 

例えば、「She is easy to forget.」という文。

 

意味は、日本語で言う「影が薄い」です。

 

 

何故そうなるのかというと、先述の「(主語を)~するのが簡単だ」に当てはめてみます。

 

そうすると、「彼女を忘れるのは簡単だ」になります。

 

つまり、「目立たない存在」や「影が薄い」というニュアンスを持ちます。

 

 

これは「難しい」の場合も同じです。

 

He's hard to read.

 

意味は「彼の心を読むのは難しい」になります。

 

これも同様に、読むのが難しいのは主語である「彼」です。

 

そこから、「彼のことを読むのは難しい」になります。

 

 

以上のように、人が主語になると少し意味が取りにくくなるので注意が必要です。