【頻度と程度】rarely, hardly, seldom, scarcely の違いと使い方を例文で比較

※当ブログの記事にはアフィリエイト広告が含まれる場合があります

 

 

rarely と hardly の違い

 

rarely」は「めったに~しない」という意味の副詞です。

 

 

これは「ほとんど~しない」という頻度の低さを表します。

 

 

例文

I rarely go shopping.

 

→私はめったに買い物に行きません。

 

 

I rarely eat fast food.

 

→私はめったにファストフードを食べません。

 

 

I rarely go to the movies.

 

→私はめったに映画を観に行きません。

 

 

He rarely drinks.

 

→彼はめったにお酒を飲まない。

 

 

That rarely happens.

 

→それはめったに起こりません。

 

 

一方、「hardly」の意味は「ほとんど~ない」で、「程度の低さ」や「量の少なさ」を表します。

 

例文

I hardly know her.

 

→ほとんど彼女のことを知りません。

 

 

I hardly have any free time.

 

→自由な時間はほとんどありません。

 

 

I can hardly see his face.

 

→ほとんど彼の顔が見えない。

 

 

It hardly rains in this area.

 

→この地域ではほとんど雨は降らない。

 

hardly ever の意味

 

hardly ever」の形になると「rarely と同じ頻度」を表します。

 

例文

I hardly ever watch TV.

 

→めったにテレビは見ません。

 

 

I hardly ever go to amusement parks.

 

→遊園地にはめったに行きません。

 

seldom の意味

 

seldom」を簡単に言うと、「rarely」のフォーマルな言い方です。

 

 

頻度」を表し、使い方と置かれる位置も同じです。

 

例文

It rarely snows in Florida.

 

It seldom snows in Florida.

 

→フロリダではめったに雪は降りません。

 

scarcely の意味

 

scarcely」は「hardly」のフォーマルな言い方です。

 

 

程度」を表し、使い方と置かれる位置も同じです。

 

 

また、こちらも「scarcely ever」の形で「頻度」を表します。

 

例文

I could scarcely keep my eyes open.

 

→(眠くて)ほとんど目を開けていられなかった。

 

 

It scarcely ever rains here.

 

→ここはめったに雨が降りません。

 

使い方の注意点

 

「rarely」と「hardly」はどちらも準否定語なので、他に否定を表す「not」などは入りません

 

 

rarely と hardly の位置

 

どちらも副詞なので、「動詞の前」か、助動詞がある場合は「助動詞の後」に置かれます。

 

 

また、not の意味が含まれているため、「don't や doesn't など not の位置に入る」という覚え方もできます。

 

 

用法のまとめ

 

・「rarely」は「めったに~しない」という「頻度の低さ」を表す

 

・「rarely」よりもフォーマルなのが「seldom」

 

 

・「hardly」は「ほとんど~ない」という「程度や量の低さ」を表す

 

・「hardly」よりもフォーマルなのが「scarcely」

 

 

・「hardly ever」の形で「rarely」と同じく「頻度」を表す

 

・「scarcely ever」の形で「rarely」と同じく 「頻度」を表す

 

 

・いずれも準否定語なので、他に否定を表す「not」などは入らない

 

 

・いずれも副詞なので「動詞の前」や「助動詞の後」に置かれる

 

・「not」が入る位置に置かれると考えると分かりやすい