英語で「~の方が似合う」はどう言えばいい?

 

 

英語で「~の方が似合う」の言い方

 

英語で「似合う」は「look good on」「look good in」「look good with」を使います。

 

使い分けは「「look good on」と「look good in」の意味と使い方の違い。「look good with」になる場合は?」の記事も合わせてご参照下さい。

 

 

 

この記事では、それらを応用させた「~の方が似合う」の言い方を見ていきます。

 

結論から言うと、「look better +前置詞+名詞」の形になります。

 

 

 

例えば、「あなたは眼鏡を掛けた方が似合っているね」と言いたい場合。

 

英語では「You look better with glasses.」となります。

 

眼鏡は付属品なので with が使われます。

 

 

逆に「眼鏡がない方が似合う」なら、

 

You look better without glasses.

You look better with no glasses.

 

になりますが、Twitterなどでは without の方がよく見かけます。

 

 

 

・「彼は黒い服の方が似合う

 

これは「He looks better in black.」です。

 

 

「in +色」は「~色の服」を意味します。

 

映画『メン・イン・ブラック(Men in Black)』は「黒い服を着た男たち」のことです。

 

 

 

・「私よりもあなたの方が似合います

 

これは「It looks better on you than on me.」の形です。

 

A look good on 人」で「Aは人に似合う」なので「better on you than on me(私よりもあなたの方が)」となります。

 

look better の例文

 

You look better with short hair.

 

→髪が短い方が似合う。

 

 

You look better with long hair.

 

→髪が長い方が似合う。

 

 

You look better with a beard.

 

→ヒゲがある方が似合う。

 

 

You look better without a beard.

 

→ヒゲがない方が似合う。

 

 

I think I look better with my hair down.

 

→私は髪を下ろしている方が似合うと思います。

 

 

I look better with long hair than short hair.

 

→私はショートよりもロングの方が似合います。

 

 

英語で「~の方が似合いそう」の言い方

 

更に応用として、「~の方が似合いそう」と言いたい場合。

 

 

似合いそう」は「もしそのような格好をしたら」という仮の話なので、仮定の「would」を使います。

 

 

例えば、「あなたはロングが似合いそう」と言いたい場合。

 

英語では「You would look good with long hair.」となります。

 

 

それに「~の方が」と付け加える場合は「would look better」の形になります。

 

You'd look better with long hair.(髪が長い方が似合いそう)

 

 

例文

 

He would look good in black.

 

→彼は黒が似合いそう。

 

 

He would look better in black.

 

→彼は黒の方が似合いそう。

 

 

She'd look better with jeans.

 

→彼女はジーンズの方が似合いそう。

 

 

You'd look better without it.

 

→それない方がよさそう。

 

 

I don't think I would look good with long hair.

 

→私は長い髪は似合わないと思います。