英語で「もうすぐ終わる」はどう表現する?

 

 

英語で「もうすぐ終わる」の言い方

 

もうすぐ終わる」は英語で「almost over」と表現します。

 

 

主語 is over」の形で「(主語)は終わった」という意味になります。

 

それに「ほとんど」や「もう少しで」という意味の「almost」を付けることにより、「ほとんど終わった = もうすぐ終わる」になります。

 

 

 

また、それを応用することにより、「もう少しで~です」と言うこともできます。

 

例えば、「もう少しで20歳です」なら「I'm almost 20.」になります。

 

almost over の例文

 

July is over.

 

→7月は終わりました。

 

 

July is almost over.

 

→7月はもうすぐ終わります。

 

 

School is over.

 

→学校は終わりました。

 

 

School is almost over.

 

→学校はもうすぐ終わります。

 

 

2022 is almost over.

 

→2022年はもうすぐ終わります。

 

 

I think this project is almost over.

 

→このプロジェクトはもうすぐ終わると思います。

 

 

It's over, Anakin.

 

→終わりだ、アナキン。

(スター・ウォーズEP3 より)

 

 

It's almost six o'clock.

 

→もうすぐ7時です。

 

 

I'm almost there.

 

→もうすぐ着きます。

 

 

I think I'm almost done.

 

→もうすぐ(仕事などが)終わります。

 

 

 

「詰んだ」という意味の終わったはこちらの記事をご覧ください。

 

I'm done for! の意味。 I'm done for today との違いとは?