「good chemistry」の意味。「chemistry(ケミストリー)」とはどういう意味?

 

 

「good chemistry」の意味

 

chemistry」は「化学」、「化学的性質」や「化学反応」という意味の名詞です。

 

男性ツインボーカルユニットのchemistry(ケミストリー)の由来はこちらです。

 

wikipedia にはこうあります。

2人の声が「音楽的化学反応」を起こすことを期待して、21世紀初日の2001年1月1日にアメリカ合衆国で松尾潔から「CHEMISTRY」と名づけたことを聞かされた。

 

 

そして、それ以外に「相性」という意味も持ちます。

 

よって、「good chemistry」の意味は「相性が良い」になります。

 

逆に「bad chemistry」だと「相性が悪い」です。

 

こちらの意味の chemistry は、チーム相性や選手同士の相性のようにスポーツで使われたり、男女の相性や気が合うなどのように恋愛や人と人の間で使われたりします。

 

「We have good chemistry」か「We have a good chemistry」か

 

「私たちは相性が良い」という場合、2つの表記があります。

 

We have good chemistry」と「We have a good chemistry」です。

 

そこで、スポーツでの使われ方を見てみます。

 

 

アメリカの野球チーム「シアトル・マリナーズ」関連のツイート。

動画は7秒~。

 

 

イングランドのサッカーチーム「チェルシー」の公式アカウント。

動画は12秒~。

 

 

どちらも使われています。

 

地域の差などがあるかもしれませんが、口語レベルではそこまで気にする必要はなさそうです。

 

「chemistry」の例文

 

Our chemistry is good.

→私たちの相性は良い。

 

He have a good chemistry with this cat.

→彼はこの猫と相性が良い。

 

I think Ken and Yoko have good chemistry.

→ケンとヨーコは相性が良と思う。

 

There’s no chemistry between us.

→私たちは相性が悪い(私たちの間には相性というものがない)。

 

There's good chemistry between us.

→私たちは相性が良い。