英語版 覆水盆に返らず(It is no use crying over spilt milk.)の文法と意味

 

 

英語で「覆水盆に返らず」と元ネタ

 

覆水盆に返らず」という言葉があります。

 

この元ネタは、

 

無職の太公望は働こうとせず本ばかり読んでいたので、妻はあきれて離縁しました。

 

その後、太公望が国のお偉いさんになると、元妻は復縁を求めます。

 

その時、太公望は水の入った盆をひっくり返し、「この水を盆に戻してみろ」と元妻に言います。

 

もちろん元妻はできません。

 

そこで太公望は「1度ひっくり返った盆に水を戻すことができないように、我々も元の関係に戻ることはできない」と言いました。

 

という逸話が由来になっています。

 

元々は「別れた夫婦はもう元には戻らない」という意味でした。

 

今ではそこから転じた、「1度そうなってしまったことは、もう2度と元には戻らない」という意味がメインで使われています。

 

ちなみに覆水とは、「入れ物(容器)からこぼれた水」という意味です。

 

 

これと同じような意味の言葉が英語にもあります。

 

It is no use crying over spilt milk.

 

こぼれたミルクを見て泣いても無駄だ。

こぼれたミルクを嘆いても仕方がない。

 

 

状況的には、覆水盆に返らずと同じなのが面白いです。

 

これは別な表現の仕方もあります。

 

There's no use crying over spilt milk.

 

文法が違うだけで、意味的には同じです。

 

It is no use crying over spilt milk の文法

 

文法的にはどちらも同じような表現が使われています。

 

It's no use doing

There’s no use (in) doing

There's no point in doing

 

 

いずれも「~すること(doing)は無駄だ / 意味がない」という意味で使われます。

 

[over spilt milk(こぼしたミルク)を crying(泣く / 嘆く)のは It's no use(無駄である)]

 

 

英語圏のドラマや映画で、朝食としてシリアルに牛乳をかけて食べるシーンがよく出てくるため、ある意味イメージしやすいことわざと言えそうです。