MENU

ALLを主語にする文法「All + 主語 + 動詞 + is」の使い方まとめ

 

 

主語ALL の意味と使い方

 

主語にAllを入れる文法(All S do is)があります。

 

その中で、おそらく世界で一番有名なのがこの文章です。

 

All I want for Christmas is you.

 

意味は「私がクリスマスに欲しいのはあなただけ」です。

 

マライア・キャリーの曲名としても有名であり、映画「ラブ・アクチュアリー」の有名シーンにも、そのままのセリフが登場します。

 

 

文法的には、Allを主語にして強調させている関係代名詞入りの文です。

 

元の主語は「All that I want for Christmas」ですが、関係代名詞の that はよく省略されます。

 

 

そこから、

 

「I want for Christmas(私がクリスマスに欲しい)→ (that)All(全てのものは)」

「is you(あなたです)」

 

となりますが、この all には「だけ(only)」のニュアンスが含まれています

 

よって、「あなただけ」の意味が生まれます。

 

 

また、後ろに動詞を続けて「~することだけ」と言いたい場合は、「All ~ do is 動詞」の形になります。

 

例文

All I can do is wait here.

 

私ができるのはここで待つことだけです

 

本来は「All ~ do is to 動詞」の形ですが、不定詞の to はほぼ省略されます。

 

 

これはALL節やALL構文とも呼ばれていますが、手元の文法書を数冊見ても決まった言い方はないようです。

 

 

ちなみに、構造的には What を主語にした、

 

What I need is a good rest.(私に必要なものは十分な休息です)」

 

と同じです。

 

ただ、what には「だけ」の意味はありません

 

主語All の種類と使い分け

 

名詞と動詞の文章構造の違いにもう少し詳しく踏み込んでみます。

 

 

まずは名詞の場合。

 

例文

All I want is some advice.

 

これは「I want some advice.(私はアドバイスが欲しい)」が強調された文章です。

 

欲しいのは「アドバイス(という名詞)だけ」なので、「All ~ is 名詞」の形になります。

 

「All I want for Christmas is you.」も同様で、欲しいのは「あなた(という代名詞)だけ」なので、「All ~ is you」の形です。

 

 

 

次は動詞バージョンを見てみます。

 

例文

All I want to do is go to bed.

 

「私がしたいのは寝ることだけです」

 

 

これは「I want to go to bed.」が強調された形です。

 

したいのは「go to bed(寝に行くこと(という動詞)だけ」なので、「All ~ do is 動詞」の形になります。

 

注意点は、動詞の場合は「All I want to do」と do が入ることです。

 

これは「All you have to do is 動詞(あなたは~するだけでいい)」と同じで、決まった言い方になっています。

 

 

または、「do is go」のように「動詞 is 動詞」と対称になっていると考えると、文章を作りやすいかもしれません。

 

to 不定詞の to は省略されているため、「to do is to do」でも同じです。

 

 

その対称化は進行形の場合も同じです。

 

例文

All I'm doing is watching anime.

 

「今私がしているのはアニメを見ることだけです」

 

これも doing と watching が対応しています。

 

All I’m saying is + 文章 の意味

 

他にも、よく使われるフレーズに「All I’m saying is + 文章」があります。

 

例文

All I'm saying is it happens.

 

「よくあることだと言っているだけです」

「私が言いたいのは、よくあることだということです」

 

 

これは「I'm saying + that節」が「All I’m saying is + that節」の形で強調されていると考えると分かりやすいと思います。

 

これは名詞パターンで、 say には that節が続いているので、is の後ろにも that節が続きます。

 

オール・ユー・ニード・イズ・キル の意味と文法

 

トム・クルーズ主演映画に「オール・ユー・ニード・イズ・キル(All you need is kill)」というものがあります。

 

トム・クルーズこと主人公ウィリアム・ケイジの役目は、ループしながらエイリアンの親玉を倒すことにあります。

 

よって、ストーリーと照らし合わせるなら、「あなたに必要なのは殺すことだけです」というニュアンスになり、日本語では「殺しこそが任務」と訳されているようです。

 

 

ただし、この kill の用法については色々言われています

 

先述の使い分けの例に当てはめると、文法的には名詞です。

 

もし kill を動詞で使うなら「All you need to do is kill」になります。

 

何故なら、is の後ろに動詞を置く場合、「do is kill」の形にならなければいけません。

 

 

この問題点は、単数形の名詞「kill」の意味は「(狩りの)獲物」な所です。

 

All you need is kill は動詞の kill を名詞化させて使われていると思われますが、どちらかというと冠詞のある「the kill」が「殺すこと / 獲物をしとめること」になります。

 

その「the kill」を使った表現には「move in for the kill(とどめを刺しにかかる)」があります。

 

「the kill(殺すこと)」+「for(のために)」+「move in(動く / 襲い掛かる)」=「とどめを刺しにかかる」というイメージです。

 

 

ただし、ネイティブの話を聞くと「All you need is kill」でも意味は分かるようです。

 

もしかしたら日本語の文の中にカタカナ英語が入っている感覚に近いかもしれません。

 

 

では何故この映画のタイトルがこのようなヤヤコシイことになるのかというと、「All you need is kill」は日本原作の小説かつ邦題だからです。

 

と言ってしまえばお仕舞です。

 

英題は「Edge of Tomorrow」で全く異なり、日本語訳では「明日の境目」になっています。

 

ビートルズの All you need is love

 

これと同じ文法が使われているのが、ビートルズの「All you need is love」という曲で、意味は「必要なものは愛だけ」になります。

 

need の後ろには名詞が置かれるので、「need is love」となり、こちらの love はきちんと名詞です。

 

日本語では「愛こそはすべて」と訳されています。

 

All you have to do is の意味

 

All you have to do is ~」というお決まりの言い方があります。

 

これも上記の文法の仲間です。

 

意味は「あなたは~するだけでいい(あなたがしなければならないのは~だけ)」です。

 

 

例文All you have to do is wait here.

 

意味は「あなたはここで待つだけでいい」になります。

 

フルだと「All that you have to do is to wait here.」になりますが、that と to が省略されます。

 

そして、主語All は「だけ」のニュアンスを持つため、「待つだけ」となります。

 

主語All の例文

 

All I want is some advice.

→私が欲しいのはアドバイスだけです。

 

 

All you need to do is focus on improving yourself.

→あなたに必要なことは自分自身の上達(自分自身を高めること)に集中することだけだ。

 

 

All I want to do is see her again.

→私がしたいの(私の望み)は彼女にまた会うことだけです。

 

 

All I'm doing is clarifying a particular problem.

→私がしているのは特定の問題を明確にすることだけです。

 

 

All I'm saying is different roles have different responsibilities.

→私が言っているのは役割が異なれば責任も異なるということだけです。

 

 

All you have to do is press the button.

→あなたはそのボタンを押すだけでいいです。

 

 

All you have to do is copy this document.

→この書類をコピーするだけでいいですよ。

 

 

All you have to do is admit what you did.

→あなたは自分がしたことを認めるだけでいい。

 

 

All you have to do is fill in the blanks below.

→以下の空欄部分にご記入いただくだけで結構です。

(DUO3.0より)