ソニーのスローガンにも使われた「Like no other」の意味と使い方

 

 

「like no other」の意味と使い方

 

like no other」の意味は「唯一無二の」や「他にはないもの」です。

 

この like は形容詞「~のような」。

 

no other は「他にはない」。

 

そこから、「like no other」は「他にはないようなもの = 唯一無二」のニュアンスになります。

 

 

例文を上げると、

a town like no other

→他にはない街

 

a sightseeing tour like no other

→他に類を見ない観光ツアー

 

It’s a taste like no other.

→他にはない味(=他では味わえないような味)。

 

He's like no other artist.

→彼は唯一無二のアーティストです。

 

She is like no other person I've ever seen.

→彼女は私が今まであった中で唯一無二の人です。

 

He is like no other CEO in the world.

→彼と比肩するCEOは世界にいません。

 

I went through a crazy experience like no other.

→私は他に類を見ないヤバい体験をした。

 

Studio Ghibli’s new movie looks like no other before.

→スタジオジブリの新作映画はこれまでとは違うもののようだ。

 

このような使われ方をしています。

 

ソニーのスローガン「Like no other」

 

Sony が2004~2008年の間に使っていたブランドメッセージが「Like no other(like.no.other)」です。

 

これは「ソニーの製品は唯一無二(他では買えない特別なもの)」ということになります。

 

ちなみに、現在は「make.believe(メイク・ドット・ビリーブ)」に変更されています。

 

make.believe の詳しい解説はこちらに載っています。

www.sony.com