英語で「フッた」「フラれた」の2つの言い方【スラングと一般的な表現】

※当ブログの記事にはアフィリエイト広告が含まれる場合があります

 

 

英語で「フッた」の言い方

 

(恋人を)フッた」は英語では「dump」を使います。

 

 

例文

I dumped him.

 

→彼をフッた。

 

 

動詞「dump」の意味は「~をドサッと落とす」や「~を捨てる」です。

 

 

それをスラング的に使うと「~をフる」になります。

 

 

日本語の「彼氏 / 彼女を捨てた」や「捨てられた」と同じ言葉の使い方をします。

 

その他の例文

 

He dumped me.

 

→彼が私をフッた。

 

 

She dumped me.

 

→彼女が私をフッた。

 

 

Who dumped who?

 

→誰が誰をフッたの?

 

 

「主語 dumped 人」の形で「主語は人をフッた」と1つのフレーズとして覚えると分かりやすいです。

 

 

 

ちなみに、「dump」はダンプカーの「ダンプ」です。

 

ただし、ダンプカーは和製英語です。

 

英語では「dump truck」と言います。

 

 

英語で「フラれた」の言い方

 

逆に「フラれた」は「I got dumped.」と受動態になります。

 

 

もし「誰々に」と相手を明確にしたい場合は「I got dumped by 誰々.」の形にもできます。

 

 

が、先述の「主語 dumped me.」の形で「誰々が私をフッた」にすることが多いです。

 

例文

 

He dumped me yesterday.

 

I got dumped by him yesterday.

 

→昨日、彼にフラれた。

 

 

I've never gotten dumped.

 

→(今まで)フラれたことがありません。

 

break up with の意味と使い方

 

break up with ~」の意味は「~と別れる」です。

 

 

dump は口語的な表現なのに対し、こちらは一般的な表現です。

 

例文

I broke up with her.

 

→彼女と別れました。

 

 

My girlfriend broke up with me.

 

→彼女と別れました。

 

 

We broke up yesterday.

 

→私たちは昨日別れました。

 

 

I went out with Tim for a year, but we broke up.

 

→ティムとは1年付き合ったのだけど、別れました。

 

※go out with → ~と付き合う

 

(引用:ENGLISH EX p492)

 

ドラマ『アウターバンクス』の例文

break up with の例文

ドラマ『アウターバンクス』エピソード5 より

 

And I'm breaking up with Topper.

 

トッパーと別れる

 

 

この進行形は未来の予定を表す使い方です。

 

 

このセリフを言っている時点で「別れる方向に気持ちが向いている」ことを表しています。

 

 

告白したけどフラれた場合

 

以上の例は「付き合っている状態で別れた時」の表現です。

 

 

「告白したけどフラれた」と言いたい場合は「reject」を使います。

 

 

よく見かけるのは「My crush rejected me.」です。

 

「My crush」は「好きな人」という意味のスラング表現

 

「reject」の意味は「(申し出や提案など)を断る」

 

そこから、「My crush rejected me. = 私の好きな人は私の提案を断った = 告白したけどフラれた」となります。

 

 

一般的な「断る」は「refuse」が使われ、「reject」はそれよりも強い否定を表しますが、ここでは「フラれた!」という強い感情を表しています。

 

 

 

また、「turn down」もほぼ同じ意味を持ちます。

 

例文

 

I fell in love with Naomi at first sight.

Three months later, I took a chance and proposed to her, but she turned me down.

 

→ナオミに一目惚れした。3ケ月後、思い切って彼女にプロポーズしてみたが振られてしまった。

 

(引用:DUO3.0)

 

 

まとめ

 

・「主語 dumped 人」の形で「主語は人をフッた」

 

 

・「フラれた」は「I got dumped.」

 

・「I got dumped by 誰々.」の形も可能ですが、「主語 dumped me」の形で「誰々が私をフッた」の形が多い

 

 

・「告白したけどフラれた」の場合は「reject」を使う

 

・「turn down」でも言い換え可能

 

 

 

逆に「付き合う」と言いたい場合は「英語で「付き合う」の3つの言い方|「異性と付き合う」から「人間関係」やビジネスまで」の記事をご覧ください。